米国公共政策大学院出願(University of South California Sol Price School of Public Policy)

University of South California Sol Price School of Public PolicyのMPP Programに出願しました。

必要書類は下記6点でした。

  • CV/Resume(字数制限なし)
  • Statement of Purpose(750〜1500語)
  • Personal Statement (上限500語)
  • 3 Recommendation(Application formに推薦者のメールアドレスを登録すると、推薦者にメールが送付される。推薦者はメールのリンク先から直接推薦状のデータをアップロード。アップロード時に推薦者に対する評価アンケートに回答する必要がある。)
  • Academic Transcript(大学から英文を直接郵送)
  • Financial Documents(学費を賄うのに十分な資金がある又は資金援助を得られることを証明する書類)

この他、各種功績をアップロードできるフォームが設けられていたので、業務上作成した調査報告書の名称を記載しました。

出願料は90ドルです。出願フォームの入力が終わると、支払いページにジャンプ可能になります。

応募期限は、2022年秋入学の場合は奨学金の申請期限が2021年12月15日、留学生全体の出願期限が2022年5月1日でした。ただし、期限前にも合否連絡は来ているようなので、2022年1月19日に出願しました。

TOEFLの基準点の90点を超えているので、期待しつつ結果が出るのを待ちたいと思います。